情緒ある雰囲気の「山科」さんで常連さんとも話しながらママさんとの会話を楽しみました:たてログルメ

グルメ

松江での初日の夜は1軒では寂しいという事でもう1軒。行きたかったお店がそばが売り切れで終了という事で歩いていると令和という事を忘れるような店構えが、、、。

ネオンに引かれてという感じで入店。カウンターだけの小ぢんまりした店内にママさんと常連さんとおぼしきお客さんが1人いらっしゃいました。奥が空いていたので奥に座り注文。ママさんは2代目という事のようです。既に1杯やってきた後でしたので地元の日本酒で好みを常連さんにも聞きつつ注文。

食事はおススメのアラ煮とお刺身。アラ煮は家庭的な味ですが日本酒にもピッタリです。刺し身の醤油ですが地元の醤油は東京でいう刺し身醤油とは違って九州の溜まり醤油のように少しとろみがあって甘目の醤油です。私は九州の溜まり醤油が大好きなので島根の醤油も馴染みます。お酒も進みもう1杯。先日東京でも飲んだ月山も置いてあるのでそちらと、使っている溜まり醤油も買って帰れるという事で小さいのを1本いただきます。

さらにおつまみをという事で、こちらも地元では定番の飛び魚を使ったちくわであご野焼きと赤天を注文。あご野焼きは食感も風味も普通の竹輪とは違いますが飛び魚の旨味が感じられて美味しいですし、赤天はピリ辛の蒲鉾という事で、辛みがアクセントになってこちらも美味しいです。醤油にも合います。

〆はシジミの味噌汁もいただきました。2件目でしたが結局地の美味しい食材とママさんとの会話もつまみにお酒も結構飲んでしましました。地元の方とのふれあいも含めて楽しませてもらいました。ごちそうさまでした!

山科居酒屋 / 松江駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6



コメント

タイトルとURLをコピーしました