昭和モダン、平成レトロ競馬

スポンサーリンク
昭和モダン、平成レトロ競馬

1975年の牝馬クラシック:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

この年の牝馬クラシックはテスコガビーが中心にいました。史上最強牝馬という方も多い名馬中の名馬で、年明けの京成杯では唯一の牝馬で牡馬に交じっての1着。共同通信杯ではこの年の2冠馬カブラヤオーと接戦して2着と牡馬相手でも全く引けを取らない強さ...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1976年牡馬クラシック:たてログ昭和モダン平成レトロ競馬

1976年の牡馬クラシック戦線は前年の阪神3歳ステークスを無敗で制したテンポイントが年明けの東京4歳Sとトライアルのスプリングステークスを勝ち連勝を5とします。京成杯を勝ったクライムカイザーが弥生賞も勝利しており中心になると思われていまし...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1975年の古馬路線:たてログ昭和モダン平成レトロ競馬

1975年の古馬路線はフジノパーシア、イチフジイサミ、イシノアラシ、ナオキ等が活躍しましたが圧倒的な強さを見せつけた馬がいなかった年でもあります。そんな中当時は珍しい芦毛で活躍した逃げ馬ホワイトフォンテンが重賞級を2勝しているのも印象的で...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年の3歳路線:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年の3歳路線 1973年当時は3歳馬(旧馬齢)の重賞級のレースは非常に少なく6つしかありませんでした。そんな中でG1級のレースは暮れの朝日杯3才ステークスと阪神3才ステークスの2レースとなります。牡馬、牝馬の区別もなく、距離...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1975年牡馬クラシック:たてログ昭和モダン平成レトロ競馬

1975年の牡馬クラシックはカブラヤオーを中心に回っていました。ダービーまでは圧倒的な強さで重賞級を6勝しています。この年は牝馬クラシックも同じ菅原騎手が主戦のテスコガビーが2冠を制しており、同一騎手による桜花賞、皐月賞、オークス、ダービ...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の牝馬クラシック:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の牝馬クラシック 1974年の牝馬クラシックは桜花賞までとオークスからでガラッと様相が変わりました。桜花賞までの人気馬がオークスで惨敗、オークスは9番人気のトウコウエルザが勝ったためです。ただ、トウコウエルザの勝利がフロッ...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の古馬路線:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の古馬戦線 1974年の古馬戦線は前年のクラシックを盛り上げた元祖アイドルホースのハイセイコーと2冠馬タケホープが共に健在、前年の天皇賞を勝っているタニノチカラもいてかなり実力のある馬が多かった年でした。タニノチカラは天皇...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年の古馬路線:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年の古馬路線 1973年はハイセイコーがクラシック戦線を賑わせていましたが、古馬戦線はどうかというと、、、。当時は8大競争メインのレース体系で、古馬では天皇賞の春、秋、有馬記念の3レースが伝統と格式のG1級レースとして圧倒的...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の牡馬クラシック:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1974年の牡馬クラシック戦線 今回は1974年の牡馬クラシックを紹介していきます。この年はキタノカチドキとカーネルシンボリが中心に進んでいきます。キタノカチドキは皐月賞まで無敗で進んでおり、一方カーネルシンボリも弥生賞まで8戦7勝...
昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年の牝馬クラシック:たてログ昭和モダン、平成レトロ競馬

1973年牝馬クラシック 牝馬路線は8大競争の桜花賞、オークスを中心に組まれており、秋にはエリザベス女王杯の前身ビクトリアカップがあり古馬牝馬も含めて牝馬はそこを目指すことになります。1973年の牝馬クラシックはニットウチドリとナス...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました