レトロ自動販売機の聖地へウォーキング:孤独のウォーキングルメ③~昔高速道路のSAで食べた味を求めて。

グルメ
DSC_2686

江の島まで30キロ、小田原まで43キロを歩ききり次なる目標を考えていると、もう距離を延ばして歩くのは一旦終わりにしようと思うようになりました(実際マラソンの距離を歩いた後は50キロか100キロぐらいしか思いつきませんし、流石に厳しすぎると感じました、苦笑)そして、考えたのが何か美味しいものや面白いものがある目的地を決めて10キロから20キロを歩く事でした。

家から歩いて行けて美味しいものや面白いものがある所と考えると、ちょうどテレビで何度も取り上げられている場所がおもい浮かびました。そこはレトロな自動販売機がたくさん置いてあり、しかもどの販売機も現役で活躍しており、実際に買って飲んだり食べたりできる場所です。

家から片道8キロ強。往復で16キロ17キロですので7月の暑い中としてはちょうど良い距離ではないでしょうか。

ルートはこんな感じでした。

道中は距離もなかったので写真は取りませんでした。1時間半で現地に到着

本業はタイヤ屋さんなのですが、元々はタイヤ交換の時にお客さんを待たせるのでその時間潰しのために自動販売機を設置したのがきっかけで、どんどんレトロ自販機が増えたという事でした。

タイヤ屋さんの裏だけにホイ-ルも見えます。
時代が止まったかのような風景

この裏にも自販機が沢山あります。

裏の通路にもレトロ自販機がびっしりあります。
瓶のコーラの自販機や電池の自販機もあります。

昔を色々と思い出しながら見て回って、食べるものを決めました。

懐かしのうどん、そばの自販機
こちらも懐かしのハンバーガー

「天ぷらそば」とハンバーガーを食べようと思いましたが、「天ぷらそば」が売り切れでないという事で、この隣にあったラーメンの自販機で「チャーシュー麺」と「ハンバーガー」にすることに。

チャーシューが5枚も入っており熱々です。
この箱がなんとも懐かしい。レモンスカッシュもレトロ感を出してます。
見えにくいですが、あと何秒でできますというカウンター付きです。
ホカホカの食べ応えのあるハンバーガーです。

遠い昔を思い出し、懐かしみながら完食しました。

駐車スペースも広いのでレトロ自販機で昔を思い出したい方や昔を知らない方も含めて楽しめるスポットです。

今回の全行程は3時間強で約18キロでした~。

このように楽しく歩いて、太ることを気にすることなく食べたり飲んだりできるのには訳があります。私が13年間続けているかんたんトレーニング「有酸素運動の腹筋」を紹介します。

かんたんトレーニング「有酸素運動の腹筋」はコチラ↓

https://tatesan.com/1712/




30日間無条件全額返金保証/ライザップ







コメント

タイトルとURLをコピーしました