先週の重賞回顧2022.8.22~札幌記念、北九州記念:たてログ競馬

レース予想、レース回顧

札幌記念、北九州記念回顧です。札幌はワイド、複勝、北九州は複勝が的中で予想通算が78戦29勝となっています。

札幌記念2022

逃げ先行脚質の有力馬が揃ったレースでした。スタートはジャックドール、ユニコーンライオンが良いスタートでしたが、パンサラッサが少し強引に推して先頭に立ちます。ユニコーンライオン、ジャックドールも競り掛けずに隊列がきまり、ソダシはすぐその後ろあたりに位置しています。ウインマリリンも内に入り先行集団に取り付いています。その後は隊列に変化なく淡々と進んで3コーナーから4コーナーにかけて手ごたえ良くジャックドールが上がっていきパンサラッサに並びかけます。ウインマリリン、ソダシも上がっていきます。ユニコーンライオンはこの時点で下がっていきます。そのまま直線に入り、パンサラッサにジャックドールが並びかけて合わせる形。追い比べてジャックドールが差し切った所がゴール。2着にはパンサラッサ。3着にはウインマリリンが入りました。4着は5番手のソダシの後ろにいたアラタが入り、ソダシは5番手を進んで直線ではもうひと伸びするかと思いましたが思いのほか伸びずにそのまま5着に沈みました。後ろから行った馬の出番は全くなかったレースとなり、ある程度人気どころでの決着となりました。勝ったジャックドールは逃げずに先行して折り合っての勝利ですし、仕上がりもそこそこでの勝利という事で、秋の大目標天皇賞へ向けて視界は良好といったところでしょうか。2着パンサラッサもあの展開で2着に粘っており実力は見せたのではないでしょうか。スタートが遅くなってきていて、押していかないと先手を奪えなくなっているので今後はそのあたりが課題ではないでしょうか。3着ウインマリリンは外枠だったのですが、内に入れて先行して良く頑張っており、一時期の不調からは脱したようです。アラタも良く伸びており、条件次第では重賞でも狙っていけそうです。5着のソダシはやはり距離だったと思います。陣営もそう言っているようですし、今後はマイル中心に出走するようなので、マイル前後ならまだまだ走れそうです。馬券は本命のパンサラッサの複勝とウインマリリンとのワイドをゲットも対向のグローリーヴェイズが6着でそこだけは残念な結果でした。

北九州記念2022

北九州記念。荒れるレースとして有名でしたが、、、。今年はそこまで荒れないだろうと思っていましたが、、、。結果は最内枠で内々を巧く立ち回った16番人気のボンボヤージが勝ち、2枠のタイセイビジョンが2着。3着に外から馬群を縫うように伸びてきたナムラクレアが3着。16番人気がアタマの馬券でしたので結果的には大荒れのレースとなりました。ボンボヤージはスーパー競馬の井崎修五郎先生が本命に推しており、関西圏の1200m戦では負けていないというファクターがドンピシャのレースとなった形ですが、さらに展開も嵌ったという状況だったと思います。タイセイビジョンも内々をロスなく周り2着と実力を見せましたが。3着のナムラクレアも道中外々を回りつつ直線ではスペースを探しながら伸びてきての3着でしたので実力の片鱗は見せましたが、かなり外を回した馬が多かったこともあり、もう少しスムーズならと思わせるレースでした。5着から10着がクビ、クビ、クビ、クビ、クビ、ハナ差という事で道中の位置取り次第で着順が変わってもおかしくない接戦という事も考えても、外々を回す意識が騎手たちに働いた結果内々を立ち回った馬たちが上位にきたという事でもあると思います。それにしても何年経っても競馬はやってみなければ分からないという事を改めて思わせるレースとなりました。馬券はナムラクレアの複勝のみという事でトリガミでした~(苦笑)

夏競馬もいよいよ終わりに近づいています。秋競馬へ向けてしっかりと予想していきます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました