距離約7キロ、高低差900mの伊勢原大山登山をしました:孤独のウォーキングルメ⑩~山頂でのビールと老舗お茶屋さんでのお酒とおつまみを求めて

グルメ

孤独のウォーキングルメはタイミングが合わずに暫くやっていませんでしたが、6月末から7月上旬の猛暑がひと段落したタイミングでたまたま伊勢原往復の切符をもらったので、伊勢原で何かしようと考えていたのですが、、、。伊勢原と言えば大山!という事で、、、。一度は登ってみたいと思っていた大山へ登ることに。登山経験はそれ程ないのですが、この2年でのウォーキングをはじめとしたトレーニングの成果を感じたいのと、自分の今の状況の把握、更にはこの秋の大目標として考えている「箱根越えウォーキング」の前に登山を経験しておこうという事で思い切って登ることにしました。登山前に色々と調べていると中腹まではケーブルカーがあることが分かりました。それを使って中腹まで行ってから登山と思っていましたが、朝一から登ろうと思っていたので、、、。ケーブルカーの営業時間は9時からという事で、ケーブルカーを使わずに登ることにしました。朝6時に伊勢原駅に到着。神奈中バスを使って登山口まで移動です。

朝一のバスは流石に人は疎らです。30分程揺られて登山口に到着しました。帰りのバスの時間をチェックします。

いよいよ登山開始です。

ほとんど予備知識のない登山なので、このようなお土産屋さんや飲食店が軒を連ねているとは思いませんでした。

10分も登らないうちにケーブルカー乗り場に来ました。ケーブルカーの営業は9時からなので横目に見ながら本格的な登山開始です。

最初に出てくるのが分かれ道です。「男坂」か「女坂」かの分かれ道です。予備知識がないので少し迷いましたが、恐らくですが「女坂」の方が登りやすいと考えて「女坂」を登ることにしました。

登っていくと「女坂の七不思議」という立て看板がありました。登っていく途中に7つ出てくるようです。さらに途中にお寺もありそこにも寄ることにしました。

大山寺の本堂です。ここだけでも雰囲気があります。ただまだ序盤も序盤なので、どんどん登っていきます。

「女坂の七不思議」も終わりに近づいているという事はいよいよ女坂の終わりでしょうか。

ケーブルカーの終点に到着しました。ここまで最初の表示では40分とありましたが、私のペースだと30分位で着きました。この30分でも結構な登山です。いよいよ大山阿夫利神社の下社です。

お参りをして少し休憩です。すでに眺めも良く、遠くには江ノ島も見えます。

先ずは山頂を目指すので、しっかり見るのは帰りという事で、先を急ぎます。

いよいよ本格的な登山になりそうです。かなり急な階段を上りました。

途中にも立て看板があり、色々と楽しませてくれます。

山頂までの距離なども書かれていてそれを目標にどんどん登っていきます。

あとひと息の所まで来ています。

いよいよ山頂です。

ようやく到着。登り始めてから1時間半強で山頂まで来ました。達成感はあります。天気は曇りでしたのでそこは残念でしたがそれでも爽快で気持ち良いです。

念願の山頂でのビール!一人でしたが、乾杯!やっぱり美味い!

いよいよ下りです。休憩もそこそこに阿夫利神社下社まで一気に下ります。

下りは早く、30分強で阿夫利神社下社に到着。

写真を撮りつつ下山を開始すると、、、。山小屋を発見!ここで少しゆっくりする事に。

歴史ある建物で雰囲気も凄いです。お店に入って注文を決めます。

本当は季節のお酒でにごりの阿夫利の四季に行きたかったのですが、品切れという事で、、、。残念でしたが冷酒を注文。冷えててとにかく美味い!おつまみも注文します。

おでんを1皿。こんにゃく3本にちくわ2本。これで400円という事でなんだかお得です。お酒にはお通しというか付け合わせも付いていて、自家製のピリ辛葉唐辛子も冷酒にピッタリです。おでんも勿論絶品で、一味をかけても美味しいです。ここで30分程休憩をして、いよいよ下山もラストスパートです。

登りは女坂でしたので、下りは男坂で。結構急で登りだったらやはり女坂よりもヘビーだったかもしれません。

いよいよラスト。お土産屋を通り無事に下山できました。全行程約7キロ。高低差900mの登山を堪能できました。

登山に詳しい方に後から聞いたところ、そこそこの速さだったという事で、秋の最大目標「箱根越え」に少し自信がつきました。ただ、思っていたよりもヘビーな登山でしたので、登る時はしっかりと備えて登ってほしいです。




30日間無条件全額返金保証/ライザップ







コメント

タイトルとURLをコピーしました