とんかつの概念が変わる美味しさ!神楽坂「あげづき」さんで至高の味を堪能:たてログルメ

グルメ

とんかつは好きなほうですがわざわざお店を探してまで行くことはあまりしていませんでした。たまたま調べていたら神楽坂に名店があるということを知り、しかも今まで食べたとんかつとは違うかもと思い訪問することにしました。神楽坂「あげづき」さんです。行列必至のお店と思っていたので開店前には到着せねばという事で、開店15分前に到着。地下にお店があるのですが、地下に通じる階段にはすでに2組3名が並んでいました。開店までには行列は増えていましたが早く並んで正解でした。

並んでいる最中に店員さんからメニューを渡されて注文を聞かれました。

「今日は松阪豚は入っていません」とも言われ注文を考えます。価格的にお手頃なものも考えましたが、一番のおすすめと思われる限定の「南の島豚特上ロースかつ」を定食に決定しました。

「じっくり揚げるので提供に30分から40分かかりますが大丈夫ですか?」とも言われ期待はさらに高まります。

カウンターに座ると目の前が揚場でしたので調理の様子が見えました。厨房の写真はNGなのでありませんが、揚げ用に3つの鍋がありそれぞれの鍋を移動させながらじっくりと揚げているのは確認できました。そんな様子を見ているだけでさらに期待は高まります。テーブルにはお新香が置いてあります。そうこうしていると、まず南の島豚につく別のお新香が出されました。

40分ぐらいしてからいよいよ本丸がテーブルに到着しました。

想像以上に厚くて大きいです。ご飯とみそ汁も到着。ご飯とキャベツはおかわり自由です。

「とんかつはソースか塩でお好みでお食べください」という事で、、、いよいよ実食します。

まずは何も付けずに食べてみました。低温の油でじっくりと揚げているのでレアに揚げられており、一切れが大きいのですが柔らかいのですぐに嚙み切れます。先ず見た目で驚き、食べてびっくり、味わって感動という3段階の心の動きがありました。豚肉の旨味がしっかりと感じられ、ロースの脂も全くしつこくなく口の中で溶けていきますし、旨味がたっぷりと口の中に広がります。間違いなく今まで食べたとんかつとは別物の食べ物です。とんかつで感動することはないだろうと思っていましたが、素直に感動してしまいました。続いて塩を付けて食べ、ソースを付けて食べ3切れ食べたところですでにご飯1膳を食べ切っており早速おかわりももらいます。そこからは夢中で食べ進めて、、、、。結局ご飯3杯とキャベツもおかわりしました。付け合わせのお新香も箸休めにもぴったりで、赤だしも含めて最後までしっかりと楽しませてくれました。とんかつを含めた全体的なボリュームはたっぷりで腹パンは必至です。ご飯の配分を考えて食べないと食べ切れないこともあるかもしれませんが、そんなことを忘れるほど夢中で食べてしまうとんかつです。値段は安くはありませんが、一度は食べてみたいとんかつです。また言いますが、とんかつでこれほど感動するとは思いませんでした。それほど衝撃的なとんかつでした。

もちろん綺麗に完食させてもらいました。ごちそうさまでした!

店を出て外に出ると行列はさらに長くなっていました。今度は品切れていた「松坂豚」含めてほかのメニューも食べてみたいと思いました。

あげづきとんかつ / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
昼総合点★★★★☆ 4.3



コメント

タイトルとURLをコピーしました